エタニティリングは愛の形です|ゴージャスなリングをお届け

指輪

どの角度からもダイヤを

リング

永遠の愛を誓う指輪の特徴

エタニティリングとは、一粒ダイヤの一般的な婚約指輪とは異なり、同じ大きさのダイヤが直線上に複数並んでいる指輪です。エタニティとは、英語で「永遠」という意味があるため、エタニティリングには、同じ大きさのダイヤを並べることで、永遠に愛が続くことを象徴しているという意味もあります。このように、同じ大きさのダイヤが複数並んでいるのがエタニティリングの特徴ですが、エタニティリングには、フルエタニティとよばれるものと、ハーフエタニティとよばれるものの2種類があります。フルエタニティとは、指輪の全周に直線上にダイヤが並んでいるため、どの角度から見てもダイヤが見えます。他方、ハーフエタニティとは、指輪の全周ではなく、半周にダイヤが並んでいるため、ダイヤが並んでいない部分を見ると、シンプルな指輪にも見えます。

結婚指輪としても使えます

一般的に思い浮かぶ結婚指輪は、おそらくダイヤがついていないシンプルなデザインのものだと思います。シンプルなデザインであれば、女性・男性でおそろいのデザインにすることもできます。ですが、最近は、エタニティリングを結婚指輪として使う方もいます。毎日ダイヤに敷き詰められた指輪を見ることができれば、女性はとても嬉しいものだと思います。最近は、ひと昔前とは異なり、結婚指輪を男性・女性でおそろいにしない方も増えています。男性・女性それぞれが、お互いに気に入ったものを選べば、結婚指輪を身につけることも楽しくなります。そういった意味でも、女性が結婚指輪としてエタニティリングを選び、男性はダイヤのついていないシンプルなデザインの指輪を結婚指輪として選ぶ方がこれから増えるかもしれません。